【衝撃事件の核心】ラーメン店主の「裏の顔」は危険ドラッグ“オーナー”…進む「地下潜伏化」の実態

兵庫県加古川市内の雑居ビルでラーメン店を構えながら、同じビル内でドラッグ販売店を経営し、危険ドラッグを売りさばいていた男(45)に対し、神戸地裁姫路支部は3月下旬、懲役1年8月、罰金200万円(求刑懲役2年6月、罰金200万円)の実刑判決を言い渡した。男は知人や客をドラッグ店の店長に据え、経営権を譲ったかのように見せかけ、“影のオーナー”として仕入れや売り上げ管理を行っていた。年間1億5千万円以上荒稼ぎしていたという。危険ドラッグによる健康被害や交通事故を受け、兵庫県は全国的にも厳しい条例制定によって販売店の取り締まりを進めているが、売買の“地下潜伏化”を懸念する声は根強い。男も店を構える一方で、捜査当局の取り締まりを警戒してデリバリー方式に手を染めていた。危険ドラッグの販売ルート撲滅は決して容易でない。(小松大騎)

■“兼業”の実態

3月12日、神戸地裁姫路支部で開かれた初公判。薬事法違反(販売目的所持)の罪で起訴された同県加古川市のラーメン店「麺魂(めんそうる)」経営者の男は罪状認否で素直に起訴内容を認めた。

検察側の冒頭陳述などによると、男はドラッグ販売店「GREEN DRAGON」(閉鎖)を経営し、知人や客を店長として雇用。ただ、自ら危険ドラッグの仕入れや調合、売上金の管理を行っていた。

検察側によると、男は平成25年2月ごろ、ドラッグ店アルバイトの男を、月収50万円で店長に起用。2カ月後、ドラッグ店と同じ雑居ビルの1階部分でラーメン店を開業し、“兼業”をスタートさせた。

捜査関係者によると、男がラーメン店を開業した動機の一つに「子供ができて、(逮捕される可能性のある)ハーブ屋をいつまでも続けられない」という事情があった。ラーメン店の開業資金にはドラッグ店の売上金を充てたという

引用:産経新聞

ラーメン屋でドラッグ販売とはなかなか洒落が利いている。日本人が大好きで愛して止まないラーメンというドラッグに、日本の若者が愛して止まない脱法ハーブの融合の融合なのだから引く手数多だったろう。合法ハーブを買ったついでに「大将、じゃあとんこつラーメンもいただくわ」なんて環境は凄く微笑ましいし馬鹿馬鹿しいなと思う。これこそ現代を象徴的に描いているような場所ではないだろうか。警察も潰さずに国の退廃を形にした施設として文化庁辺りが保護しておけば良かったんじゃないか。ラーメンと脱法ハーブだなんてどう考えても「日本的な」姿じゃないか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る