ゼネコン絡みか?福岡県警元警部銃撃容疑で「工藤会」逮捕。

7月6日、福岡県警は、2012年4月に北九州市小倉南区で60代の元警部が銃撃され重傷を負った事件で、「工藤会」(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟被告(68)を組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)と銃刀法違反(組織的拳銃等発射など)の両容疑で再逮捕した。
この元警部は暴力団対策、それも工藤会一筋のベテランだったことから事件直後から工藤会の関与が疑われていたところついに逮捕に漕ぎつけたわけで、「頂上作戦」を展開する福岡県警としては、この元警部をまさに悲劇のヒーローにしたいところだろう。

暴対法の締め付けの中、修羅の国で衝撃の事件が起こった。

暴力団組員が福岡県警元刑事を襲撃。しかもなんと組織ぐるみでの犯行という。

自分たちが犯人と分かれば相手は警察だけにまさに組織ごと潰されかねない。それなのに、なぜ工藤会はよりによって警察にまで牙をむいたのか? この謎を追うと、まさに事実は小説より奇なり、仰天の重大疑惑が浮かび上がって来たのだ。

 

二重三重の思惑が重なっていそうなこの事件。最後の武闘派である工藤会が元警部を襲撃したとか、いつの時代なんだよと思えてしまう位の事件。

 

このH元警部が撃たれたのは出勤途中のこと。H元警部は福岡県警を11年3月に定年退職。そして翌4月、地元の大病院「小倉記念病院」(ベット数658。職員1285人。経営は「平成紫川会」)に天下りし警備の仕事にあたっていた(警備課長)。それから約1年後、銃撃されたのだった。
複数の関係者によれば、小倉記念病院はかなり前から福岡県警OBの天下りを受け入れていた。

引用:アクセスジャーナル

 

確か、ロケットランチャーまで持ってた組織じゃなかっただろうか。一応退職後の○暴を狙ったとは言え、これは警察が全勢力を上げて潰しにかかる事は必至なわけですが、ここで書かれているように、そこまでのリスクをおかしてまで行動を起こすのだからただ事ではないでしょう。メリットがないと動かないのが現代人です。もう健さんが演じていたような採算度返し侠の精神で動く輩などいないのです。

そう考えるにつけきな臭いものだなと思うと同時に哀しい気持ちも出てきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る