トヨタ女性役員が密輸で逮捕「オキシコドン」とはどんな薬物なのか

トヨタ自動車の女性役員ジェリー・ハンプ容疑者(55)が麻薬「オキシコドン」密輸の疑いで麻薬取締法違反で6月18日に逮捕された。ここで注目されたのは世界に誇る大企業役員が密輸した「オキシコドン」と言う薬物の名前だ。ハンプ容疑者の人となりは他メディアで報道されているので、ここではオキシコドンを含む、規制薬物の現状をリポートする。

●アメリカでは医師の処方箋があれば薬局で入手可能

このオキシコドンはアメリカでは簡単に入手出来る代物だ。日本でもごく稀に輸入を代行するアングラ業者で見かける事はあるが、その数は少ない。アメリカでは医師の処方箋があれば薬局で求める事が出来るが、この処方箋を持たずに、この薬だけを持っていれば即時逮捕という危険なドラッグである。売人はそのリスクを避ける為にアメリカではこの薬を売買する際に、医師の白紙の処方箋を渡す、と言う取引方法があるほどだ。オキシコドンは主に痛み止めなどに使われるが、成分にアヘンが含まれており、依存性が高い薬とランク付けされている。また、それを和らげるサプリメントも売られているほどだ。

一番有名な鎮痛剤としては、モルヒネが代表的に上げられるが、オキシコドンはモルヒネより弱く、吐き気などの副作用が無いために、ヘロイン、コカイン等に変わる違法薬物として重宝されているのだ。モルヒネ等を入手出来る売人に聞いたとこ、モルヒネは数日待てば入手出来るが、オキシコドンは入手不可能と言う答えであった。ある自称専門家がオキシコドンは「多幸感」を持ち、モルヒネより効果が高い、とコメントをしていたが、実際の効果は薄いと言われている。

引用:東京ブレイキングニュース

天下のトヨタでも海外のトヨタ社役員になると薬物密輸をしているとはたまげる。

欧米では大企業の役員や重役がコカイン等でパーティーに興じているような描写が映画でよく取り上げられているが、実際にあるから描かれるのであって、火の無い所に煙は立たないのである。表では良識ぶったエリートが実は富に物を言わせて乱行に耽ることの醜悪さは一体なんだろうか。

別に社会的な地位があるから品行方正にせよとは思わないが、その浪費する金銭がどういった経緯で生み出されるか考えて欲しいものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る