ニベアから家電まで…増加するベトナム人万引きの実態|万引きGメンの事件ファイル

lgf01a201407021800.jpg

警察庁の発表によると、2014年の来日外国人犯罪の総検挙数は15215件(前年比1.3%減)で、このうちの2488件(前年比61.6%増)はベトナム人による犯行であった。そのなかでも窃盗犯の検挙が突出しており、検挙総数6716件(前年比13.3%減)のうち1745件(前年比71.4%増)をベトナム人が占め、そのうちの1434件(72.7%)が万引きによる検挙だという。

ベトナム人刑法犯は、80年代以降で初めて1000人の大台を突破し、いまなお増加傾向にある状況だ。各署において、ベトナム語の通訳不足に頭を悩ませている実態もある。今回は、関東の万引き多発店舗で彼らと対峙する現役保安員である筆者が、多くの商店を悩ませるベトナム人万引きの実態に迫る。

●留学生による集団万引きは頻発、その手口は悪質化の一途

昨今、ベトナム人留学生などによる集団万引きは頻発しており、その手口は悪質化の一途を辿っている。見張り役と実行役、運転手役に別れて行動し、日本の犯意成立要件や既遂時期を悪用するような手口で犯行に及ぶのだ。前もって店内を偵察するのは当たり前で、店側の警戒に気付けば挑発するように店内を徘徊して、商品を出し入れするような動作を繰り返す。途中で仲間を呼び集めたり、別々に行動することで警備を翻弄して、どさくさに紛れて高額商品を盗み出すという手口もあった。

ブツを取り返すことはできても、共犯者全員を捕まえられるケースは稀だ。一度狙われてしまえば、系列店が軒並みやられる実態もある。大して日本語を喋ることのできない彼らであるが、なぜか日本の犯意成立要件を熟知しており、万引きという犯罪を楽しんでいるのである。

彼らの狙う商品は多岐にわたっており、被害店舗の業種によってブツは異なる。たとえば食品スーパーであれば果物や生鮮食品、菓子、嗜好品などが狙われ、なかでもブロック肉や刺身、エビ、チョコレート、コーヒーなどの被害が目立つ。特に被害が深刻なのはドラッグストアで、世界的に評価の高い国産化粧品や美容液、風邪薬、痛み止め、胃薬などの大量盗難が全国で相次いでいる。

ベトナム、ホーチミン在住の友人は言った。

「ベトナムでは窃盗犯のことをアリババと呼んでいますが、現地での窃盗は日常茶飯事で、ちょっと目を離せば盗まれる。盗まれる方が悪いみたいな風潮も感じるから、盗みに対する罪の意識が希薄なのでしょう」

日本の警察は外国人に厳しいから、被害の大小にかかわらず逮捕になり、帰国を余儀なくされるケースがほとんどだ。ドリンク一本、わずか数十円の被害で逮捕され、帰国を条件に釈放される事案もあった。そうなれば再入国の道は絶たれ、高額な費用をかけて実現させたはずの語学留学も水泡に帰する。真面目に暮らす同胞達に肩身の狭い思いをさせないためにも、ベトナム人留学生には「日本で万引きをするな」と忠告しておきたい。

引用:Tokyo breaking news

万引きという犯罪は常習性がある。何故ならば気軽に何処でも出来るからであり、罪悪感も慣れてしまえば少ないからだ。

多くの方が万引きをした経験をお持ちではないだろうか。かくいう私も中学生の頃に何度も万引きをしたことがある。その物がほしいからというわけではなく私の場合は退屈な日常への反抗であり、反抗期特有の全ての大人や社会への抵抗という位置づけだった。何とも幼稚で馬鹿馬鹿しいことではあったが、実際はそう考えていたのだ。当時は防犯カメラが設置されていない個人経営の本屋があり、そこを狙ってよくやっていたが今思うと何とも駄目なガキである。それから数年後その本屋は潰れていたが万引き被害のためなのか分からないが、今でもそのお店に対する申し訳なさを地元へ帰る度にふと思ったりする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る