依願退職していた! 本紙スクープの盗品等保管疑惑愛知県警警官

本紙は7月2日、勾留時、留置係として面識があった愛知県警の現職警察官と犯人が、犯人が出所後、2人の間で金銭のやりとりや直に会っていることが確認されたことから、被害会社が訴えたものの、県警も名古屋地検も「問題なし」として対応しないことから、不信感を募らせ、本紙に告発して来た件を報じた。

勿論、一人一人の警察官としての人格は別な事は言うに及ばないが、組織となった時点で体育会系な柵が発生し、上が黒といえば白も黒になるという組織である。間違った事をしたら素直に間違えたと謝る心がけこそ本来の「体育会系」なのではなかろうか。

そのT警察官は調査の結果、「問題なし」として何ら処分をしていないと被害会社に答えていた裏で、実は口答注意という軽い処分をした上で、その警官は依願退職していたのだ。
「タイミングがよすぎる。実際は辞めさせたのでしょう。むろん、何も問題なければ辞めさせる必要もない。依願退職の前に、かたちだけ処分したのも、もし辞職が発覚し責任追及されたら、“ちゃんと処分はしていた。後は本人が辞めたいといって去っただけ”といえば組織としては最小限のリスクで済むからでしょう。被害会社にウソ? かたちだけでも処分したと知られたら“それみたことか!”と責められるし、どうせ辞職のことも被害会社にはバレないだろうと甘く見ていたからでしょう」(事情通)

引用:情報誌「ストレイ・ドッグ」

日本における警察の隠蔽体質、身内庇いのなんたる傲慢さか。被疑者と決めれば問答無用で脅迫的な取調べをし、不貞の輩と見れば何の法的根拠も無く非合法の取調べ、恫喝を行う。その割には正義の味方というイメージを垂れ流しているのだから組織暴力団よりもタチが悪い。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る