劇場版「ラブライブ!」の特典フィルムを劇場スタッフが横流し? 「当たればいい金儲け」発言に批判殺到

劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」の特典フィルムを劇場スタッフが横流ししていた――ととれるツイートが拡散されており、ネットで批判が集まっています。

【問題となった一連のツイート(Web魚拓より/モザイク加工は編集部によるもの)】

炎上のきっかけはTwitter。ららぽーと船橋で働いているという人物が7月21日に、「ららぽの人とっといてくれたんでフィルム100枚くらい持ってました」「フィルムは当たればいい金儲けですよね」などとTwitterに投稿。これがファンの目に留まり、たちまち「横領では」「事実なら転売屋よりも悪質」など批判が殺到しました。

本来これらのフィルムは入場特典として数量限定で配布されているもの。どのシーンが封入されているかはランダムで、名シーンなどの「神フィルム」には数十万円の値がつくこともあります。ツイート主は劇場スタッフと親しく、フィルムだけを譲ってもらっていたようで、「100枚くらい持ってました」との発言も。ちなみにチケット分の料金は一応支払っていたようです。

投稿主はその後ツイートを非公開にしてしまい、これ以上の詳細は不明。TOHOシネマズ側にも現在、事実関係について問い合わせ中です

引用:ねとらぼ

これはファンとしては許せないだろうな。中には何十万も使って欲しいフィルムの箇所を狙って通いつめているような人間もいるだろうから。もちろん、興味の無い人間からは馬鹿げた浪費にしか見えないだろうけれど、趣味や好みなんてものはそういうものなのだから文句を言う資格は誰にもない。こういう社会(企業)不正に近い出来事を白日の下に晒し制裁を加えることはネットが持っているポジティブな力の一つである。もちろん、力というものは過剰に行使すればロクでもないけれど、ネットというツールが許されている以上、効果的に使おうとする人間の出現は誰にも止められないのである。公正な処罰が行われてファン達が救われることを願いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る