抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方

向精神薬睡眠薬

「春眠暁を覚えず」と言われる春を過ぎて、もう夏になりますけど眠いです。

そんな私とは別で医師のせいで眠い方もいるようです。

抗不安薬や睡眠薬を過剰服用して意識障害などが表れる急性薬物中毒を起こした患者の約4割が、添付文書で定められた規定量を超える処方をされていたとする調査結果を、医療経済研究機構(東京)がまとめた。

同機構の研究グループは「処方のあり方を見直す必要がある」としている。

研究グループは、健康保険組合の加入者172万人分の診療報酬明細書のデータを分析。2012年10月~13年11月の間に、自殺などを目的に多量の抗不安薬や睡眠薬を服用し、急性薬物中毒を起こした210人について、その3か月前までさかのぼって薬の処方状況を調べた。対象者は、うつ病や統合失調症など、精神疾患の患者が多数を占めた。

添付文書で定められた規定量を超えて処方されていたのは82人で、39%に上った。処方した医師は、精神科医が89%を占めた。

既存の処方自体が間違っていた可能性が濃厚ですね。

私の周りでも医師に処方してもらって服用している人いますけど「え?そんなに飲むの!?」っていうぐらいの量です

年齢や症状、体格などで処方量は変わってくると思いますけど、知人が複数の錠剤や粉末を大量に摂らないといけない状況は見ていて心が痛みます。

今回の調査結果を元に適切な処方になることを期待します。

研究グループのメンバーで国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦部長は「患者の求めに応じて医師が安易に処方してしまう傾向がみられる。治療薬が多く患者の手元にあると、乱用につながる恐れがあり命にかかわる。こうしたリスクを考慮し、処方日数や量、種類は慎重に決めるべきだ」と指摘している。

一般処方薬を横流しして販売する人もいるのでしっかりと見極めてほしいところです。

 

治すための薬を飲んでるのに薬の成分に飲まれてたら本末転倒ですよ

 

引用元:抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smith のプロフィール写真

smith厨房の頃からアングラ一本の基地外です

投稿者プロフィール

厨房の頃からアングラ一本の基地外です

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る