まずは久積篤史くんのFACEBOOKより。

以前まで行っていたビジネス、過去との決別。

【株式会社インテリジェンスエージェントへの訴訟について】

選任している弁護士から先ほど連絡が入りました。

インテリジェンスエージェントが選任されている弁護士事務所宛に、共同事業にかかった経費額と未払金約580万円の内訳、残念ながら訴訟する旨の通知書を送ったと。

これはインテリジェンスエージェント社とウチの問題です。一年と三月が経過したにも関わらず、株式会社インテリジェンスエージェント代表取締役の小川健志氏は、お客様に対して謝罪の一言も一切無いまま、この会社は2016年に東証マザーズに上場予定 と公で云い放っています。

問題後も私の知らないところで「久積篤史運営事務局の○○です」と、購入者様に対して架電をし、不正で二重再決済を疎くしています。

現に両社共同事業プロジェクトの商品購入者であるお客様Yさんは、言われた通りにカード決済を再度してしまったと仰っていました。

代行にせよ何にせよ、株式会社インテリジェンスエージェントと共同で行った事業では、株式会社インテリジェンスエージェント代表取締役小川健志氏自ら発案されて商品化された”商品”が存在します。

共同事業プロジェクトの告知や集客にかかった広告経費と提供経費は支払ってもらえないまま1年以上が経過。お客様が支払ったC決済の売上や収支結果すら頂けないまま、パッケージ商品の一つにあったHP制作や動画制作に掛かっているお客様への提供全経費を私が負担しているにも関わらず、1年以上シカト。

久積LINEスタンプだって今回の購入者様から誕生したモノなのに、購入者様に対して当時の担当者から「 すばらしいですね よかったですね 」の一言くらい入れるのがビジネスでしょうが。

数千万に値するお客様方が存在してるにも関わらず、上場審査の準備に入るから検索エンジン対策に多額を投げるのは順序が違いますよね。

SEO対策にもなる求人サイト連発掲載で都度100万以上を投下するのはいいことですし、社が誹謗中傷されているのが見えないように削除に金を投下するのもいいことでしょう。

http://infoyuukinet.blog.fc2.com/?tag=八木雄一インテリジェンスエージェント詐欺
http://yama3311.blog.fc2.com/?tag=株式会社インテリジェンスエージェント詐欺
http://ultimater888.blog.fc2.com/?tag=インテリジェンスエージェント

これも確かに、僕にもよくあるような匿名サイトで叩いては
くそ小銭報酬を得るような

「こいつらは○○だから 真に稼げる情報はこちら→ 」

といった、ビジネスとはいえないアンチマーケをつかったアフィリサイトと見受けられます。

が、ただ、順序が違うでしょーが 順序が。

私の方では返金に順次対応していってますが、株式会社インテリジェンスエージェント小川健志さんはお客様への謝罪一言も一切無いまま、弊社は2016年に東証マザーズに上場を予定している と。

僕の大きな目標でもあるIPO、株式公開、

上場企業って、こういうことなのか。

弁護士もころころ代わりますが、

またこれも上場までの時間稼ぎなのでしょうか。

被害者がいない って、
C決済額は売上ではないって、
現にお金を支払っている方々がいるんじゃないですか。

誹謗中傷をしたいワケではありません。

小川健志さん

株式会社インテリジェンスエージェントの役員や社員

久積篤史に連絡をよこしてください。

クソ商材の取り分でもめてるみたいですね。取り分は50%なのに、経費と返金を全持ちさせられてる事にお怒りの様子。

空気みたいに中身のないもの売ってる同士仲良くすればいいのに 笑

そして以下は敬天新聞に”田中”なる人物から投書された内容。

【投書】
はじめまして,田中と申します。
ぜひ記事に取り上げて頂きたい企業がありましてご連絡させて頂きました。
東京都港区に株式会社インテリジェンスエージェントという会社があります。
この会社はインターネットビジネス関係の会社ですが,来年度にマザーズ上場の申請を出すそうです。

このインテリジェンスエージェントですが,クライアントから商品(中身のないコンサルなど)の販売代行を請け負うことを主たる業務としていますが,その販売した客からクーリングオフ請求を受けても無視しています。

販売時には契約書を作成していないので,購入者はクーリングオフを無期限に請求できる状態ではありますが,インテリジェンスエージェントは,売上の半分を報酬として得ながらも,クライアント側に責任を押し付けてクーリングオフには一切応じてい
ません。

販売時は自社の名前は一切出さずにクライアントの名前で販売するため,購入者はインテリジェンスエージェントの存在を知ることはありません。

そのためか批判サイトはあまり見受けられませんが,幾つかあった批判サイトは弁護士に消させて,どうでもいい求人広告を無数に掲載して批判サイトを目立たなくさせるなど,風評対策に力を入れています。

インテリジェンスエージェントのやっていることはとても上場する会社に相応しくありません。
同社は販売代行のみならず,商品の企画立案も請け負っていますが,その内容も詐欺ともいえる内容です。

他にも公序良俗に反するような販売行為を行っており,全て挙げるときりがありませんが,要はインターネットビジネスに絡む商材,○○塾,など中身のないコンサルティングを高額で販売するといった事業を行っています。

このような会社が上場するなど言語道断だと思います。

お忙しい折恐縮ですが何卒ご検討ください。

【敬天コメント】
インテリジェンスエージェントって、鎌田の関連会社なの?創業者の鎌田と藤田の会社名をパクったような名前だなー。

意味がよく分からんけど、50パーセントのマージンを貰って販売代理店をやってるってこと?そのくせクーリングオフで契約解除を求められても自分達は応じないで、そのクライアントに任せっぱなし?あくまでも表に名前が出るのはクライアントだから、インテリジェンスエージェントはやりたい放題である、と言ってるのかな?

だけど、クライアントとそういう契約をしてるんだったら、仕方ないんじゃないの?詳しく分からんけど、最初からクライアント食い会社じゃないの?新種の「取り込み詐欺」と言うか。50パーセントも払う条件なんて、最初からクライアントに不利な契約じゃない。という事は売れない商品、商材ということだな。

それじゃ、売り方に特殊な技術がいるというわけか。そこに詐欺性があるんだな。デート商法に似てるといえば似てるなー。こんなんで上場できるかー?マザーズだろうが、ファザーズだろうが、こんなんでは上場できないよ。

何卒ご検討下さい、と言われても、何を検討していいか分からんけど、インテリジェンスエージェントに具体的な不正、不条理、詐欺が見えたら、また投書下さいな。

引用:http://brog.keiten.net/?eid=1097073

この田中って久積クンっぽいんだよな~~。

久積クン的には、インテリジェンスエージェントのマザーズ上場が悔しくて悔しくて仕方ないという感じでしょうか。

敬天新聞さんの言う通りで、こんな会社が上場なんて出来ないから心配ないさー。

社長の小川健志さんも、上場上場なんて言い出す前に、おたくらの商材のせいで本当に会社やめちゃった人とか借金背負っちゃった人に秒速でごめんなさいした方がいいよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BAKUO のプロフィール写真

BAKUO最強ヒキオタニート

投稿者プロフィール

アングラニュースを片っ端から拾う最強ヒキオタニートのbakuoです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る