新庄、山形で計850万円の特殊詐欺被害

8e95f47a970352960249e7b144d35b06

県警捜査2課は29日、新庄、山形の両市で、80代女性2人が現金計850万円をだまし取られる特殊詐欺被害に遭ったと発表した。同課は「オレオレ詐欺」とみて捜査している。

同課によると、新庄市の女性宅には24日午前、県外に住む義理の息子をかたり、「100万円用意できないか」と電話があった。女性は市内の金融機関で定期預金を解約。自宅を訪れた「アオキ」と名乗る男に現金を手渡した。2日後の26日に義理の息子に連絡し、詐欺に遭ったことが分かった。受け取りに来た男は30代後半。身長170センチぐらいで中肉という。

一方、山形市の女性宅には26日午後3時ごろ、孫をかたる男から「小切手が入ったかばんをコンビニに忘れた。支払いのための現金が足りないので用意してほしい。会社の人が取りに行く」と電話があった。女性は用意できた現金750万円を紙袋に入れ、訪ねて来た男に手渡した。翌27日、孫に連絡したところ被害が判明した。受け取りに来た男は30歳ぐらい。小柄で中肉、短髪。黒系の手提げバッグを持っていた。

同課は「息子や孫を名乗る人物から、電話でお金を要求されたら、以前から知っている電話番号に直接確認してほしい」としている。

未だ止まぬオレオレ詐欺の被害。まだまだ根絶されないようですね。

人の良心に付け込む巧妙な詐欺であるオレオレ詐欺、これだけ認知度が上がってもなかなか無くならないのは、人の心に根付いている良心や肉親を助けたいという気持ちが無くなっていないという事でもあります。これは逆説的な皮肉でしょう。

オレオレ詐欺も日々進化を繰り返しているらしく、常に悪いことも、良いこともイタチゴッコのように攻防を繰り返しているわけです。そして、また皮肉な事にその攻防戦によって、人類は文明を発達させ、より良い何かを生み出したり、改良してきた事も事実なのです。

価値のあるものがある限り、詐欺は無くならないでしょう。人の痛みは自分の痛みには成りにくいものです。さらに金という道具が加われば一層に麻痺していくわけです。

怖ろしき哉、人間、奇怪なる哉、人間。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る