暴力団「二極化進む」=背景に高齢化、資金格差―15年版警察白書

警察庁は24日、2015年版の警察白書を公表した。
「組織犯罪対策の歩みと展望」と題した特集を組み、暴力団について、弱体化している組織と勢力を維持・拡大している組織への「二極化が進んでいる」と分析。背景に、構成員らの高齢化と資金面の格差拡大があると解説した。
暴力団の構成員や準構成員の年齢構成を06年末と14年末で比べると、20代が11%から5%へ、30代も29%から21%へと大幅に下落。40歳以上は、60%から74%に上昇していた。
捜査の過程で構成員が漏らした「いい思いができると思ってヤクザになったが現実は違った」「生活は非常に厳しく、未来が見えない」との声も紹介。白書は「加入する若者が減少し、高齢化している」と説明した。
資金の獲得方法では、「不透明化・多様化」を近年目立つ特徴に挙げた。暴力団とは無関係にみえる民間人を通じ、建設や労働者派遣などの事業活動を活発化。「暴力団の威力を示す必要のない」特殊詐欺や公的給付金詐欺への関与も深めているという。
多様な活動を通じて「潤沢な資金を有する組織」がある半面、暴力団排除活動の進展などの影響で「資金が不足する組織」も少なくない―。白書はそう指摘し、「中小規模の暴力団は資金や人材の不足に追い込まれている一方、山口組をはじめとする主要団体の中枢組織は依然として強固な人的・経済的基盤を維持している」と分析した。
暴力団など組織犯罪の撲滅には主要幹部の摘発や資金源の遮断が必要だと強調。「警察の総合力を発揮した取り締まり」を行い、さらなる規制強化も検討すると記した。

引用:時事通信

ヤクザにも格差が出てきているようだ。構成員内での格差は当たり前だが、組織間での格差も二極化しているのだから何とも言えない。

凶暴化しようにも出来ないのが現法体制であるから、賢いヤクザ団体、もしくは巨大な組織しか残れないのだから競争社会の波は確実に裏稼業にも出てきているのだ。もちろん、ヤクザも経済的な組織なのだから仕方がないとはいえ、かつてのメリットでの点であった地域の自治組織的な側面は無くなっているという事にもなる。まあそういう地域に根付いたコミュニティー幻想は喪失しているとはいえ、なんだかセンチメンタルな気持ちにもなったりする人がいなけりゃ三丁目の夕日なんて流行りませんからね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る