特殊詐欺、被害高額化 宮崎県内上半期

宮崎県内で特殊詐欺による1件当たりの被害額が高額化した状態が4年間続いている。今年上半期(1~6月)は452万円に上り、10年前の80万円の5倍超。1千万円以上の被害も3件あり、全体を押し上げた。詐欺と気付くまで何回も搾取され続ける手口の巧妙さが浮き彫りになっている。

引用:宮崎日日新聞

これだけ振り込め詐欺や特殊詐欺に対するリテラシーが上がっている世の中でもまだまだ騙されている人が多いのだ。もちろん騙す人間が悪なのは言うまでもないが、1000万以上の金をパンと支払える人間がかなりいると思うとざまあみろという気持ちはルサンチマンとしてある。

普通の人間は詐欺に引っ掛かってもそこまでの金の要求には応えられない人が多数である。その中で1000万の金を払えるのに騙された奴等はどういう金銭感覚、経済的勘を持ち合わせているのだろう。不思議で仕方がない。露悪的な言い方になってしまうが、それだけの金を騙されて使ってしまう人間は元々それくらいの金額を失ってしまうような才覚しか持ち合わせず、盗られてもともととも言えるのではないか。何にせよ間抜けじゃないか。

もちろん騙す人間が絶対悪という前提に立ったうえでの話です。computer_hacker

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る