田村淳が明かす処世術、いじめ・SNS炎上との向き合い方とは?

ロンドンブーツ1号2号の田村淳。現在、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)や『淳と隆の週刊リテラシー』(テレビ東京)等、多彩なジャンルでMCを務めるだけでなく、アイドルグループ“スルースキルズ”のプロデュース、ビジュアル系ロックバンド“jealkb”のヴォーカルなど、その才能は留まるところを知らない。そんな彼が、『35点男の立ち回り術』(日経BP社刊、1300円+税)を出版し、自身の半生と、生きかたのヒントをつづっている。

【関連】「田村淳」インタビュー写真

この本でまず驚かされるのが、田村淳がいじめられっ子だった、という事実だ。「小学校2年生のときにいじめにあったと書きましたが、6年生のときにも似たようなことがあったんです。それは、何人かのちびっこが集まって東京ディズニーランドへ行く、“ちびっこ1人旅”の道中で、いじめとはいかないまでも、いやーなことをされた。それで、かつてのように爆発して、『旅行に来ているのに、1人のことをいじめて楽しいのか! ディズニーランドって、そういうところじゃないだろう!』といったことを力説したら、一目置かれるようになりました。何かあったら言いたいことを言って、立ち上がればいい。それが体に染みついているんです」。

小さいころから、自分が動くことで状況を打破してきた淳は、「僕は、言われることを受けるだけ受けている間に考え、それから話す。このスタイルはずっと一緒。『朝まで生テレビ』方式のような、感情的な議論の進め方は大嫌いなんです」と明かす。

「みんな、マイナスなコミュニケーションから入っているので、もったいないなぁ、と思いますね。誰しも、ちょっとしたジョークを交えて笑わせたい、というタイミングがあるのですが、その際、特に若い人たちだけでいると、おじさんがこんなことを言ったとしらけてしまう。そのとき、僕は面白くなくても笑うようにしています。まるで、笑いが相槌のように。そうすることで、心がほどけるというか、場が和んで、コミュニケーションがつながっていく。次笑うために、まず笑う。自らが歩み寄ってあげたほうがいい」。

また、淳は、ツイッターにフェイスブック、インスタグラムなど、SNSを使いこなす人物としても知られている。それはつまり、自身から情報発信を行うということ。炎上する確率も自然と高くなるが、「炎上は全然気にならないですね。むしろ、あるべき姿だと思います」とさらりと口にする。「SNSなんて、たかが知れている人数で回してやっている。ツイッターを1日にどれだけの人が真剣にやっているのかというと、そういないですよ。だから、炎上を恐れてやらないのではなく、経験してみて、これは合う、これは合わないという着地をしたほうがいい。自分が諦めたら、成長が止まってしまいます。まずは、経験してみること」。

引用:クランクイン!

私はこの芸人は大嫌いだ。彼が関わっている番組も低俗だからである。公序良俗がどうとかいう意味ではなく、美意識として彼の考えや番組は醜悪である。

そして、彼の配信するツイキャスが一度話題になっていたが、警察にゴネ続けると言う内容で彼の持つ影響力からしてもアホ丸出しだろという行動だった。その人間が最近では政治や社会について語る事が増えているという、著名人がこういう発言が増えること事態は大変いいことであるが、彼の行動、考え方的には悪い方向にしか導けないだろうと私は思うわけだ。まあ政治家にでもなるのが一番いいだろう。全くくだらない存在は政治家としてある種の軟禁を受けるほうが良い。皮肉なもんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る