維新の党・松野頼久新代表は本当に「ちょい悪オヤジ」だった

最近ちょっと、維新の党をウォッチしています。いつも民主党じゃつまらないでしょ。もっとも民主党フリークの読者も、けっこういらっしゃるようですけど……。

特に松野頼久代表と柿沢未途幹事長の会見は見逃せません! 6月2日の柿沢会見では、その前日に53名の一次公認を発表してしまった民主党に怒り心頭! そこでワタシが質問しました。

「それって、松野代表が目指す野党再編構想に水を差すものですよね?」

いやもう、さすが柿沢幹事長。「そうです」だけではなく自分の口から「水を差す」と述べて下さいましたよ(笑)。さらに7日は11時から、院内の控室で同党の執行役員会が開催。その後で柿沢幹事長が会見ということで、ワタシは11時15分ごろに行ったんですよ。

地下鉄の駅から地下の通路を通り、院内のエレベーターに乗ったのですが、入ったとたん「くっさあ!」。そうなんです!男性化粧品の匂いがプンプン。さては犯人は……。

そして待つこと1時間余り。執行役員会が開かれていた第26控室からぞろぞろと維新の党の議員たちが出てきたんですけど、そのひとりから、まさにエレベーターの中と同じ匂い! その人はそうです! やはり松野代表でした! あのムンムンする匂いに加え、シャツの胸元のボタンを外して定番の「チョイ悪オヤジ風」。ただしこの方、ボタンをきちんと留めてネクタイしたら、「単なる色黒のオジサン」ですけどね。

そういえば日本を元気にする会代表の松田公太氏はこのベクトル上にいますよね。実は先日、ある人と「松田氏がカッコイイかどうか」を話していたんですけどね。その人は「同じ参院議員だったら、辰巳孝太郎氏の方がカッコイイ」と言ったので、即時に同意しちゃいましたよ。

ただ悲しいことにね。ワタシ、参院では辰巳氏をほとんど見かけたことがないんです(涙)。どうしてかなー。存在感が感じられないのは共産党議員だからかなー。(でも同僚の吉良よし子氏は存在感たっぷり。いい意味とは限らないけど)

引用:Tokyo breaking news

こういう切り口での政治家談義は馬鹿馬鹿しいけれど、たまにはいいだろう。やはり気持ち悪いおっさんの政治家より爽やかであったり、男前、美人の政治家の方が見栄えは良い。どうせ政治家などお飾りに等しい国なのだからいっその事アイドルや俳優だけで政治をやっても良いかもしれない。大家であるアメリカでもかつて西部劇の俳優が大統領となったような国なのだから店子の日本でもそうすれば良い。

アイドルや俳優だけで固められれば国民の関心も間違いなく増えるだろうし、総選挙においてもこぞって皆が投票所へ押しかけるだろう。

何とも病んだ国ではあるが、権力者よりも俳優が人気というのはまあ健全な社会であるし、昔から歌舞伎役者の方が将軍などよりも遥かに人気があったではないか。何処の国でもそうなのかもしれないけども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る