美しすぎる投資アイドル、不起訴からの反撃!!

まずはじまりは昨年11月のこの事件。

“美しすぎる投資アイドル”に何があったのか。「レイプされそうになった」と因縁をつけ、会社社長の男性(48)から示談金を脅し取ろうとしたモデルで投資会社社長の鈴木雅子容疑者(31)と金融会社社長の岡村泰孝容疑者(66)。
15日、恐喝未遂の疑いで警視庁に逮捕された。

「雅子容疑者と被害者の社長は船上パーティーで知り合い、何度か食事に行った仲だそうです。
雅子容疑者は『1億円の融資を(社長に)断られたので懲らしめてやろうと思った。岡村に協力しただけ』などと話している。
岡村容疑者は、2年前に競売入札妨害などの容疑で逮捕された“前科持ち”です」(捜査事情通)

その雅子容疑者、情報サイトに掲載された“レイプ疑惑”の記事を社長の会社にファクスで送りつけてもいた。
やったことはえげつないが、経歴はなかなか華麗だ。

都内の女子高から早大に進学。卒業後、証券会社に勤めたが、独立して保険代理店を始めた。
その傍ら、バスト88センチの肉体と美貌を生かしてモデル業もこなし、20代前半の頃には下着姿などを披露するイメージDVDも発売している。
ここ数年は早大大学院のファイナンス研究科に通いながら、“美しすぎる投資アイドル”として雑誌にも出ていた。

3年前には日刊ゲンダイの「@失礼します」にも登場。「誰かシャネルのバッグを買って」などと笑っていた。
セレブ志向が強いようだ。

「雅子ちゃんは、小学生の時から目立つ存在でした。かわいい上に、陸上の大会で優勝するなどスポーツも万能で成績も優秀。お母さんはよく雅子ちゃんの自慢話をしていました。いつも派手なブランド品を身に着けていたので、セレブになったんだなあと思っていたんですが」(知人)

実際にはカネに困っていたのか、今年10月、自分のサイン入りの「パンツ」をネットオークションに出品。
1000円で落札されていた。
雅子容疑者の母親を直撃したら、「そんなことをするコじゃないんだけど」とポツリ。自慢の娘が“美人局”じゃ親は泣ける。

http://news.livedoor.com/article/detail/9484423

しかし急展開が、、、

モデル女性ら恐喝未遂事件ーー「強姦されそうになったのは事実」と女性らが外食産業社長を提訴

 昨年11月、有名ラーメン店などをフランチャイズ展開する外食産業社長に「強姦されそうになった」などと言いがかりをつけ金銭を要求したとして、女性(S女史とする)と岡村泰孝氏(その後、追加で滑川裕二氏)が恐喝未遂容疑で警視庁新宿署に逮捕されたのをご記憶だろうか。
S女史が投資業と並行しモデル業もしていたことから、「美しすぎる投資アイドル」などと名づけ、警察情報だけを鵜呑みにした大手マスコミはこの事件を面白おかしく大々的に報じた。
ところが結果は3人とも不起訴に。(以下に、岡村氏、滑川氏の「不起訴処分告知書」掲載)
強姦されそうになったのは言いがかりではなく事実。しかし、その事実が露見すると外食産業は人気商売だから影響が大きい。たまたまその女性と親しかった滑川氏が「大物右翼」ともいわれた人物だったこと、その外食産業社長は天下りを採用するなど警視庁にコネがあったことなどから、両者の思惑が一致し、事件が作られたのが真相であるようだ。
こうしたなか、S女史らはついに反撃に出た。
5月半ば、岡村氏は約7300万円の損害賠償請求訴訟を提起。続いて6月に入りS女史も3000万円の損害賠償請求訴訟を提起(上写真)。今後、刑事告訴もするという。滑川氏も提訴するとのことだ。その被告は外食産業社長個人。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2015/06/post-312e.html

滑川氏は大物右翼”青年社”の滑川祐二氏ですね。

カネ目当てはカネ目当てでも、外食産業社長も結構下半身ギンギンにしてさかっちゃったんですかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BAKUO のプロフィール写真

BAKUO最強ヒキオタニート

投稿者プロフィール

アングラニュースを片っ端から拾う最強ヒキオタニートのbakuoです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る