自分の逮捕説を流したり、有名人出すなどやりたい放題ーーあのブックメーカー投資詐欺疑惑主犯の別の詐欺疑惑

英国の公認スポーツ賭博業者「ブックメーカー」を使った投資で高配当を謳い、約400億円も集めたものの、12年5月、配当がストップし詐欺疑惑が出ている「スピーシー」(大阪市西区)なる会社をご記憶だろうか。
その後、投資した者計70名ほどが大阪と東京でそれぞれ集団提訴。請求額は計約5億円。13年6月、和解が設立し、原告は約6割回収している。
全体の約400億円ともいわれる被害額からすれば約3億円など微々たるものながら、それでもこれが効いたのか、未だこちらのブックメーカー詐欺疑惑人物が逮捕されたとの報道は聞かない。
その詐欺疑惑の一番中心にいると見られるのが波田直樹(かわだなおき)氏。
波田氏自身、自分も被害者だと主張する一方で、マルチまがい商法の親玉としてスピーシーへの投資を募ったとして投資家に返金への協力を約束している。
それもそのはず。
真相はスピーシーの親会社的存在なのが「オーロマーレ」(東京都中央区)で、その実質的経営者が波田氏と見られるからだ。
その波田氏が、仲間と組んで、別件の投資話で総額4億円以上を騙し取ったと思われる事案を本紙はキャッチしたので報告する。
しかも、何とも強かと思われるのは、この別件の資金の引き出し時期は配当がストップしスピーシーの悪名が広く知られるようになって(NHKニュースでも流れた)以降なのだが、すると波田氏自身が逮捕されるとか、そうなると投資したあなたも逮捕されるなどと脅し、さらに資金を引き出すというエゲツサだったようなのだ。

引用:ストレイ・ドッグ

何故この手の詐欺に人は引っ掛かるのだろうか。特に今回の詐欺行為は博打に関連するものなわけだし、余計に怪しいものだが人は欲に溺れると見境が無くなる。もちろん、私も欲深い人間であるし、博打も好きだがマルチまがいの博打に何の魅力と興奮があるのだろうか。あの勝つか負けるかの瞬間に訪れる絶望か恍惚か、負けた時には虚脱感と頭の中が真っ白になる瞬間、熱くなっている時の高揚感たるや何物にも代え難いものである。

有史以来、いや歴史というものは常に博打であった。それはリスクを負うからこそ生まれるものなのであって、詐欺まがいの博打に博打性は無いと言っていいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る