呆れる事件。振り込め詐欺の振込時に警察官同行「だまされたふり」するもミス…百万振り込む。

なんというかため息しか出てこないような事件です。

大分県警は2日、特殊詐欺事件の捜査で、捜査に協力していた女性(80歳代)の横に警察官がいたにもかかわらず、 現金自動預け払い機(ATM)から約100万円を犯人グループの口座に振り込むミスがあったと発表した。県警は過失を認め、国家賠償法に基づき、女性に全額を賠償した。

その場にいて、ミッションは現金を振りこませないだけ。
ただそれだけが出来ない警察官。

そもそもなぜ警察官は同行していたのか、

発表によると、1月27日、同県国東市の女性宅に市職員を名乗る男から医療費の還付金に関する電話があり、女性は約100万円を振り込んだ後に国東署に相談。
翌28日には銀行員をかたる男から電話があったため、同署は「だまされたふり」をして、口座番号を特定し、凍結する手続きを進めることにした。

男から指示を受けた女性に男性巡査(28)が同行。巡査は、口座の凍結に必要な名義人を特定するため、男と女性の携帯電話の会話に集中するあまり、ATM画面をよく見ていなかった。
その間に、女性が指定された口座に99万9313円を振り込んでしまったという。県警は女性に謝罪し、振込手数料を含む99万9691円を支払った。

振り込むほうもなぜその状況で振り込んでしまったのか。
なぜその場にいたのに何も気づくことができなかったのか。
これだけ振込詐欺撲滅キャンペーンをしていながらただの不注意で詐欺グループ特定の機会をなくした責任は重い。

また前述の通り、振り込んでしまった100万円は国民の税金によって女性へ保証された。

まさに呆れてものも言えない状況。

県警捜査2課の衛藤達也次席は「大変申し訳ない。指導を徹底し、被害防止と犯人検挙に全力を尽くす」とコメントした。

逆にもうなにもしないでください・・・
いやーこんなに馬鹿な話もなかなか珍しいですね。
振り込め詐欺をする輩も悪なら捜査で一般市民に協力させておいて、金を流してしまうのだから、これは落語の演目かと思ってしまうほどです。
世界各国、警察というものは国家権力、体制派の使用人のようななっているので、悪い奴らという 認識を私は持っているのですが、こういう間抜けな一面は好感を持てたりします。警察も携わっているのは当たり前ながら人間なわけですから、一警察官(個人)は悪人でない事も多々あるものです。
しかし、「看板」を背負ってしまった以上、それは制服に身を通している時間は歴然と国家権力の番犬なのでご注意を!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る