飲食店トイレから洗剤や芳香剤を持ち出す「備品泥棒」急増の実態|万引きGメンの事件ファイル

ここのところ、万引きや内部不正のみならず、備品などを持ち去る迷惑客について相談されるケースが増えてきた。その被害は軽微で、なんともチンケな犯行であるが、捕らえられれば罪に問われる立派な犯罪だ。今回は、知られざる備品泥棒の実態を紹介したい。

●アメニティ狙いで棚の中の在庫まで持ち出されるように

昨年末、東京の下町で焼肉店を営む友人から相談を受けた。トイレで保管している店の備品を持ち去る常連客がおり、対応に苦慮しているというのだ。その被害は数年に渡り、はじめこそトイレットペーパーがなくなるくらいの被害であったが、改装を機にトイレのアメニティを充実させると棚の中にある備品の在庫まで持ち出されるようになったらしい。

さほど大きな被害ではないものの、定期的に持ち出されてしまえば、その損失は見過ごせない。犯人を特定するべく、店の出入口に設置された防犯カメラの映像を検証した結果、近所に住む老夫婦の犯行であることが判明。常連客であるし、警察沙汰にするまでもない話なので、有効な対応策を教えてくれというのである。

このような犯行は、スーパーやショッピングモールをはじめ、ホテルや飲食店などでも増加傾向にある。トイレ備品のみならず、食器や調味料などを持ち出す者まで存在しており、店内の装飾品を持ち出される被害も少なくない。ちなみにスーパーなどでは、菓子や飲料などについた景品やパン製品の特典応募シールだけを持ち去る被害が頻発しており、その対応に苦慮している店は多い。

大きな被害を生んでいることは明らかであるし、他店で犯行に及んでいる可能性を考えれば、近所に住む人とはいえ警察に相談するべきだろう。そう進言すると、大きな騒ぎにはしたくないので、秘密裏に捕捉してくれと頼まれた。なかなか聞かない話であるし、さほど難しい事案でもなさそうなので、喜んで引き受けることにする。

年明けしてまもなく、犯人と思しき老夫婦から予約が入ったという連絡を受け、ひとり現場に出向いた。トイレにおける目視での現認は不可能なので、在庫が保管されている棚の中にカメラを仕掛けて、明確な証拠を押さえることにする。監視対象者が不審な動きをみせれば、早急に映像を確認して、それを証拠に声をかけるという算段だ。

予約時間ぴったりに来店した老夫婦の監視を続けていると、食事を終えたらしい妻が、小さなポーチを持ってトイレに入った。手にあるポーチに入れられる大きさの備品はない。もしかしたら、夫の方が実行役なのだろうか。そんな思いで扉を見つめていると、大きく膨らんだレジ袋を持った妻がトイレから出てきた。手にあるレジ袋は、持ち込んだポーチの中にでも隠しておいたのだろう。その形状をみれば、トイレットペーパーの形に歪んでおり、仕掛けたカメラの映像を確認するまでもない状況だ。何食わぬ顔で会計を済ませ、そそくさと店の外に出た老夫婦を呼び止める。

「こんばんは。トイレに置いてあるモノ、持っていかれちゃうと困るんですけど……」

「え? ああ……。いや、そんなつもりじゃないです」

「では、どういうつもりで?」

「いや、あの……、よく来る店だから……」

盗品を詰めたレジ袋が、夫の手に握られているところをみれば、共犯関係にあるに違いない。動揺する老夫婦を事務所に連行して、店主立ち会いのもとレジ袋の中身を出させると、洗剤、芳香剤、ハンドソープ、マウスウォッシュ、トイレットペーパーなどの在庫をはじめ、一味唐辛子や爪楊枝、さらには使用中のトイレットペーパーまで出てきた。

引用:Tokyo breaking news

使用中のトイレットペーパーから一味唐辛子や爪楊枝までパクるババア達の小市民性は辟易とするが、それが日本のオバハンの姿なのかもしれない。うちにもよくホテルのアメニティーやタオル、街で箱ごと貰ったポケットティッシュなどが大量にあったものだ。何もそこまでしなくても良いだろうと思ったけれども、旅行の時や急な来客で宿泊していく時などはこのアメニティーが役立った事も一度や二度ではない。

流石にこの記事にまで出てくる行為は犯罪と言っても憚りはないが、この多くのオバハン達の勿体無い精神は我々世代では失われて行くのだろうなと思う。ベトナムのホテルでパクったビーサンを眺めながらふとそう考える日曜日の午後!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る