「半永久の蓄電池開発」詐欺容疑者の余罪

「半永久的に使える蓄電池を開発した」、「世界を征服する。すでに製作態勢に入っている。ソニーを超える!」などと虚偽の事実を告げ、電池の販売代理店契約名目で、沖縄県の無職男性(75)から現金3000万円を騙し取ったとして、警視庁捜査2課に男5人が詐欺容疑で逮捕されたのは6月24日のことだった。
その時の報道によれば、上坂潔容疑者(71)は「実際は中国から輸入したリチウム電池だった」と容疑を認め、他の4人は否認しているという。
とはいえ、半永久的電池など、少なくとも現代科学技術レベルではあり得ない話だが、彼らは同様の文句を、ホテルの会議室などで説明会を開き、開発したとする蓄電池を見せて繰り返し、08年から09年にかけ、全国のおよそ1000人から、計約5億8000万円を詐取しているとみられるという。
今回、お伝えするのは、一緒に逮捕された難波敏文容疑者(59)の余罪。実は難波容疑者、太陽光パネルの輸入、販売、ソーラ設置などの会社役員をしており、そちらでも詐欺をしていたようなのだ。

引用:ストレイ・ドッグ

太陽光発電関連は詐欺が多いな。実は私もその関連の仕事をしていて、仕事先は決して詐欺の類はしていない普通の会社なのだけど、世間的には胡散臭いものに写っているらしい。まあ実際詐欺事件も多発しているのだから仕方ないのではあるのだけども、3・11などで既存の発電に対する不信感や絶望を実感出来たのだから、自然エネルギーは未来に向けての良い産業にしていかなければならない。この手の永久機関のようなものが一企業単位で出来るわけがないのである。そこに来ての投資話など端から詐欺とわかる様なものなのだけどな。75歳の死に掛けの爺さんであっても欲に限りはないのであろう。無常である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る