キヤノン電子と労組の共同不法行為を東京高裁が認定 職員解雇めぐり、一時金減額分310万円支払いの仮執行命令も

キヤノン電子の労組「キヤノン電子労働組合」に専従書記として雇用されていた眞壁とし子さん(58)が、会社と労組による退職強要に対して損害賠償を求めていた控訴審で東京高裁は4月8日、一審判決を変更し、会社と労組の「共同不法行為」を一部認める判決を言い渡した。慰謝料3万円、一時金減額分の全額310万4500万円の支払いを命じた。判決のポイントは、直接雇用していた労組だけでなく、会社の不法行為も認めたこと。ただし、不法行為が認定されたのは一部にとどまり、「このままでは、私が受けた他の数々の嫌がらせが社会的に認められたことになってしまう」と眞壁さんは上告及び上告受理申立てを行い、6月11日には上告理由書及び上告受理申立理由書を提出した。キヤノン電子での従業員の扱われかたが透けて見えるこの事件について、眞壁さんに詳しく聞いた。(記事末尾で判決文ダウンロード可)


【Digest】
◇事件の出発点は会社の威嚇的姿勢
◇会社と労組の「共同不法行為」
◇「無保険者」にされる恐れ
◇差別的に一時金を減額
◇会社から労組への圧力
◇連続するイジメの実態
◇企業年金という社会全体の問題


◇事件の出発点は会社の威嚇的姿勢
キヤノン主要子会社の一つで東証一部上場のキヤノン電子(埼玉県秩父市、酒巻久社長、従業員1750人)。そんな大企業で、労組の専従職員をめぐるトラブルが発生し、会社と労組が共同で不法行為を働いた、との控訴審判決が出た。

そもそもの発端は、06年9月、眞壁さんが突然「9月中に辞めるように」と退職勧奨されたことに始まる。2度目の退職勧奨のとき、労組の委員長は、次のように眞壁さんに説明したという。

「会社役員が、専従書記を雇う余裕があるなら組合員全員の一時金をカットするから組合で補填しろ、専従書記を続けるのなら組合事務所は会社構内から出て行ってもらう、と言っている」 労組と組合員に対するあからさまな威嚇と言わざるをえない。そして会社の体質が現れている。上記の内容は、14年3月25日のさいたま地裁熊谷支部の法廷における尋問で労組委員長が証言している。これ以降、退職を拒む眞壁さんに対し、次から次へとイジメ行為が積み重ねられていく。

◇会社と労組の「共同不法行為」
退職勧奨や嫌がらせに対し、眞壁さんが損害賠償を求めて提訴したのは09年9月。翌10年には解雇されてしまった。そのため地位保全の仮処分を申請したが敗訴している。

一方、損害賠償請訴訟では14年9月、さいたま地裁熊谷支部は、眞壁さんの請求を全て退ける判決を下した。今回の東京高裁により一部勝訴となったわけだが、判決理由で一番大切な点は次の部分だ。

B氏(会社人事副部長)及びC氏(労組委員長)を介したA氏(会社役員)の控訴人に対する働きかけは、社会的相当性を欠き、A氏が取締役を務める被控訴人会社の不法行為を構成する(これまでに認定した事実によれば、被控訴人組合の不法行為と客観的な関連性を有し、共同不法行為となる。)ものというべきである。

つまり、眞壁さんに対して会社がしてきたことの一部は、社会的に認められるものではなく、不法行為だと認定している。しかも、労働組合と一緒になって、雇用関係もない眞壁さんに嫌がらせしていたことが認められたのだ。

引用:My News Japan

日本の労組は殆どが御用組合になっている現状がある。全く嘆かわしいことだ。賃上げ闘争に終始し、首切りの際にも率先して会社側の肩を持ち、幹部は労働者と乖離するべく高給を取っているのである。労働組合という組織が認められるまでにどれだけ世界中で多くの血が流れたであろうか。言わずもがな、労働組合が無かった時代は劣悪な労働環境と幼児であろうと低賃金で奴隷のように働かされていた時代が間違いなくあったのである。

労働組合=左翼、のような構図を信奉しておる方も多かろうが、労働者の権利や安全を守る存在がそこまで害悪であろうか?大きな企業へなればなるほど声を上げる事は難しい。経営者が徳のある人物ばかりとは限らないのである。徳があってもミスをするのが人間だろう。

もう一度労働組合に関して意識をした方が良い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
popopopo

popopopo

投稿者プロフィール

主に政治、時事ニュース関連の記事をアップするブラック会社勤務のアラサー

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

闇のキュレーションサイト
闇のキュレーションサイト
ページ上部へ戻る